--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.18

復活の兆し

若干復活しました!
ブログつくりなおしましたです、よければまたお付き合いくださいませ↓
http://crow2rd.blog28.fc2.com/
ポケ擬人化のジャンルをどうするかは 決めてないです
まあ、とりあえず一次創作メインってことで。
「これからもつきあってやるぜ!」みたいな人はむこうにコメントとかするといいかもしれないよ!ってか、リンク張ります、ぺたぺたと。
スポンサーサイト

留帳
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

11.20

落ち着いて考えてみた

ま、べつにネットから消えなくてもいいかな、なんて。
甘い考えだとは思いつつもついぞ、甘えてしまうわけで。
とりあえず、こっちのブログはいじらないでおきます^^アイレボのほうへちょこちょこと移動しますので!
これからは、かいたりした作品はそちらに公開するつもりですー
でも、受験とかそろそろあるのであんましいじりませんけど!
擬人化は、そのジャンルから抜けるか、そのままかについて悩んでおります。
企画のはしばらくそのままにしておきますけど、どうしようかしら?

これからもこそこそ活動はするけど、今とは違う方向性で創作活動したいなあ!
なんて。
活動場所も変えようかな!と。
一次創作メインで活動したいのです。(二次創作で活動をしていたのか、なんて突っ込まれても困る)
別に音ゲーにあきたわけではないんだけど、描きたい物が違うので!

あと、サイトは一旦閉じます。
んで新しくサーバーとか借りて心機一転頑張る、みたいな。

こんなところでいいかな、うん

生存
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

11.16

これから、について。沈黙した。

自分の本当にやりたいことがやっと見つかった気がするのです。
こんなふうに今までどおり、アテもなくネットサーフィンして、中身のないうわべだけの絵を描いて。
このままじゃ、本当にしなくちゃいけない事を忘れてしまうし、大事な事はPCのネットの中には無いし。
だから、ってやめるのか、って話。
最後までしなくちゃいけないことがまだ何個かあるので、それだけ完成したら足跡全部消して、ネットやめようかな、と思ってます。
誰かに言われたわけじゃないんだけど、そう思ったの。曲を聞きながら詩を書いてたら、そういわれてる気がして。
というか、そういった、自分のしなくちゃいけないことをしなさい、って詩を書いたんだよ。
ちょっとどころか、だいぶ目が覚めたわけで。
だから、ネットから足を洗おうかな、と。
まあ理由の中に自分に限界を見てるとかもちょこっとあるんだけどね。創作意欲がわかないというか。
多分、幼少期にかきたかったものは全部かきつくしちゃったんだと思うの

けれどもまだ、受験生で無いのでちょこちょこ顔は出すかもしれませんけど!
とりあえず消える、うん。
未練がましい事はいわないので、消えますとも。

そうそう、自分がいままで書き溜めた小説(っていうほどの長さじゃないけど)&詩(だといいなあ)をいくらかUPしておきました。
今此処で出さなかったらフォルダの中で眠るだけだったし、いい機会かな。と思って。
それじゃあ、この辺にしておこうかな!




生存
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

11.16

Look Me

たとえ絶望のふちにいたって
君の目的は君が持っているじゃあないか
たとえ衝撃のはじに捕まっていたって
周りをごらんよ誰もが落ちついているじゃあないか

毎夜君が空をみていたのを知っているよ?
だから顔をあげてよ
君のこれからは君が決めるんだ

やっぱり最後は誰もが笑えないんだから
長いホントウが嘘なんだって
気付いたんだよ、本当さ!
明日は明日だから
今日と今までので泣くのはやめて
ただ広い空を 君は見上げなくちゃいけないと思うよ
欲しいなら、君の背中押してあげるよ

未来に恋焦がれたままじゃあいけないんだよ
今に恋焦がれなくっちゃあ、やっていけないよ?
ただ広い空を 君は愛さなくちゃいけないと思うけど、君はどう思う?
欲しいなら、僕が教えてあげるよ

いつだって最後に笑うのは誰でもないよ
気付いたのさ、君はどうなの?
きっとわかってるんじゃあないか
君は、ホントウは気付いてるんだよ
気付かないフリはイヤだよ!

毎夜君が空をみていたのを知っているよ?
だから前を見据えてよ
君のこれからは君が掴むんだ

留帳
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2007

11.16

カモミール・クラスメート

観葉植物への水やりは忘れないでね!


カモミール・ルームメイト


やっぱり、蔓延してる。甘い甘い。
ちょっぴりきついのだけれども、本人はきがつかないのか!
でも、傍観してるのも悪く無い。

なんだって、観葉植物だものね?
貴女は。

「ねえ、よかったらフェルを呼んでくれない?」

ああ、結末がわかってる香りなのに、何故笑うの。
このさきがどれだけ、気持ちの悪い香りになるかわかってるのか。

ああ。わかって無いんだね。


「だから、今楽しむんだよ」
「ねえ、フェル、!そんな言いかたって、まるで・・・!」
黒神だと、誰かが比喩した。なんて適切な!
「そのまさかだろう、我が悪友」
ああ、きみは本当に。香りの無い茨みたい。何人が茨の香りに惑わされたかな。

そんな君、カモミールをどこに追いやるかな。
君には香りが無いから最初から交われないんだろうけど。
「ああ、それはさ萎れさすのさシーヴィ。僕はね」
だって不必要だから、君はほんのすこしの狼みたい。
カモミールに対しての香りが消えた。その今瞬間。
ただ棘を向く茨であれ。フェルディン。

さようなら、カモミール。

最初から、消え往くのにね、ああ、おろかな少女。君の香り、真っ白に空気中に溶けてゆく。

ただ萎れゆくカモミールであれ!
ただ咲き誇る茨であれ!

(明日はからからのカモミール 7・7)

留帳
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。